首都圏・関西エリアの不動産売却・購入はセンチュリー21 株式会社グローバル不動産販売 > 株式会社グローバル不動産販売 京都店のブログ記事一覧 > 不動産売買契約における「危険負担」とは?

不動産売買契約における「危険負担」とは?

≪ 前へ|隣に老朽化した空き家がある家の売却はどうしたらいい?パート.2   記事一覧   建て替えできない再建築不可物件とは?京都・大阪の不動産売却|次へ ≫

もし購入予定のマイホームが、売買契約締結後で引き渡し前に火事で燃えたり、地震で倒壊してしまった場合、代金の支払いはどうなるのでしょうか。

このような場合の対応を決めているのが不動産売買契約における「危険負担」です。

今回は、京都・大阪で不動産売買をご予定の方に、この「危険負担」についてご紹介します。


不動産売買の「危険負担」とは


不動産売買の危険負担について考える


建物の売買契約などは双務契約であり、自然災害により建物が倒壊したといった理由で売主(債務者)の引き渡し義務が履行できない時、損害を売主(債務者)・買主(債権者)のいずれかが負担するかという問題を「危険負担」といいます。


この場合の具体的な理由とは、「何者かに放火された」「土地の陥没、及び流出により建物が損壊した」「隣の家の火事による類焼」等が当たります。

売買契約が完了したあと、上記のような理由で住宅の引き渡しができなくなっても、買主(債権者)は売主(債務者)に代金を支払うというのが不動産売買契約における基本的な考え方です。


しかし、代金は支払っても住宅は手に入らないので、買主(債権者)にとっては大きな損失となります。

 

不動産売買の「危険負担」特約


そうしたケースを避けるため、不動産売買契約には「危険負担」の特約を入れるのが一般的です。

この危険負担特約とは、「本物件の引渡し前に、天災地変その他売主又は買主のいずれの責にも帰すことのできない事由によって本物件が毀損したとき、売主は本物件を修復して買主に引き渡すものとする」と定めるものです。

売主が契約書に「危険負担」の特約を入れていれば売主がリスクを負う約束をすることになるので、住宅が修繕できる程度なら売主が費用を負担して修繕し、買主に引き渡すことになります。


ただし、自然災害などで住宅が流されてしまう、全壊してしまうなど修復が不可能な場合、買主は売買契約そのものを解除できます。

 

不動産売買の「危険負担」・売主の自衛策は?


不動産売買の危険負担対策


売主にとって「危険負担」の特約を入れる事は、万が一の時には大きな経済的損失を被る事にもなりかねません。

そのため自衛策として、引き渡しが完了するまでのあいだ火災保険や地震保険に入っておくのがよいでしょう。

保険に入っていれば、引渡し前に災害にあったり、火災が起こった場合も修復費用を保険金でカバーできます。

 

おわりに


売買契約のタイミングでこのような事態になる事は滅多にないかと思われますか、全くないとも言い切れません。

そのため、買主の立場だった時は売買契約書にこの特約があるかどうかしっかり確認し、なければ契約の延期や中止を求める事も考えた方が良いでしょう。

 

センチュリー21グローバル不動産販売では、京都・大阪の不動産売売買をお手伝いしております。

京都・大阪で物件を購入したい、あるいは物件を売却したいという方は、お気軽にスタッフまでご相談ください。

手続きにおける不明点等しっかりご説明し、ご満足いただける売却、購入を実現いたします。

≪ 前へ|隣に老朽化した空き家がある家の売却はどうしたらいい?パート.2   記事一覧   建て替えできない再建築不可物件とは?京都・大阪の不動産売却|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


大阪市阿倍野区相生通2丁目の売地

大阪市阿倍野区相生通2丁目の売地の画像

価格
1,180万円
種別
売地
住所
大阪府大阪市阿倍野区相生通2丁目6-17
交通
聖天坂駅
徒歩7分

東大阪市加納8丁目の売地

東大阪市加納8丁目の売地の画像

価格
580万円
種別
売地
住所
大阪府東大阪市加納8丁目34-12
交通
住道駅
徒歩10分

東大阪市横小路町1丁目の中古一戸建

東大阪市横小路町1丁目の中古一戸建の画像

価格
580万円
種別
中古一戸建
住所
大阪府東大阪市横小路町1丁目4-2
交通
瓢箪山駅
徒歩25分

京都市山科区安朱中溝町の中古一戸建

京都市山科区安朱中溝町の中古一戸建の画像

価格
1,080万円
種別
中古一戸建
住所
京都府京都市山科区安朱中溝町49-6
交通
山科駅
徒歩8分

トップへ戻る