首都圏・関西エリアの不動産売却・購入はセンチュリー21 株式会社グローバル不動産販売 > 株式会社グローバル不動産販売 京都店のブログ記事一覧 > 不動産売却の評価額・相続前に売却が決まっていた場合は?

不動産売却の評価額・相続前に売却が決まっていた場合は?

≪ 前へ|不動産購入時に利用できる「親子ローン」ってなに?   記事一覧   災害時にも安全に住める!防災住宅とは|次へ ≫
相続は、誰の身にもある日突然起こる可能性があります。

それが、たまたま土地の売買契約の真っ最中だった場合はどうでしょうか。

宅地の売買契約を済ませた後で売主が亡くなり相続が発生した場合、相続する方が取得する財産をどう捉えるかによって、課税される相続税の計算が異なります。

今回は、不動産売却において、相続前に売却が決まっていた場合の評価額についてまとめます。

 

電卓とペン


不動産売却の評価額・相続前に売却が決まっていた場合の評価額は?


通常土地を相続した場合の評価額は、相続税法第22条で「財産を取得した時における時価で評価する」と決められています。

土地を相続した時点での路線価が評価額となりますので、市場価格の8割程度が相続税評価額とされます。

 

しかし、相続発生時に相続する土地が売買契約を結んでいた場合はどうでしょう。

例えば、ある人が宅地を1億円で売却する契約を締結し、手付金1千万円を受領した後、最終決済を待たずに亡くなったとします。

この場合、相続人が受ける相続税評価額は、売買金額が時価と認識されるため1億円が相続税申告における評価額になります。

土地の路線価である8千万円よりも高くなるため、当然課税される相続税は高くなります。

 

税金


不動産売却の評価額・売主に相続が発生した場合の小規模宅地特例は?


相続により宅地を取得した場合、相続税を計算する上で、宅地の評価額のうち一定の割合が減額されることを「小規模宅地などに関わる相続税の特例(小規模宅地特例)」といいます。

相続前に宅地を売却する契約を結んだ場合、「小規模宅地特例」が適用できるのかという問題が生じます。

このような場合、相続人が取得する財産は宅地ではなく、売買契約に基づく残代金の請求権という権利となるため、「小規模宅地特例」は適用されません。

 

不動産売却の評価額・売却途中に相続した場合は注意が必要


相続開始時点で売却が決まっている土地については、路線価評価よりも高い売買金額が評価額であり、それに課税される事を覚えておきましょう。

まれなケースではありますが、相続の際には対象不動産が売買契約中ではないか、念のため確認することも必要です。

 

センチュリー21グローバル不動産販売では、相続した土地でお困りの方のご相談に応じています。

住む予定が無い土地を有効活用したいとお考えなら、無料査定から始めてみませんか。

プロの目から、お客様が相続した不動産の価値を見極め、適切な活用方法をアドバイスいたします。

不動産売却に関するご相談・無料査定は電話や、HPからでもご利用いただけます。

≪ 前へ|不動産購入時に利用できる「親子ローン」ってなに?   記事一覧   災害時にも安全に住める!防災住宅とは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


大阪市阿倍野区相生通2丁目の売地

大阪市阿倍野区相生通2丁目の売地の画像

価格
1,180万円
種別
売地
住所
大阪府大阪市阿倍野区相生通2丁目6-17
交通
聖天坂駅
徒歩7分

東大阪市横小路町1丁目の中古一戸建

東大阪市横小路町1丁目の中古一戸建の画像

価格
480万円
種別
中古一戸建
住所
大阪府東大阪市横小路町1丁目4-2
交通
瓢箪山駅
徒歩25分

京都市山科区安朱中溝町の中古一戸建

京都市山科区安朱中溝町の中古一戸建の画像

価格
980万円
種別
中古一戸建
住所
京都府京都市山科区安朱中溝町49-6
交通
山科駅
徒歩8分

大阪市阿倍野区橋本町の中古テラスハウス

大阪市阿倍野区橋本町の中古テラスハウスの画像

価格
2,180万円
種別
中古テラスハウス
住所
大阪府大阪市阿倍野区橋本町9-10
交通
聖天坂駅
徒歩4分

トップへ戻る