首都圏・関西エリアの不動産売却・購入はセンチュリー21 株式会社グローバル不動産販売 > 株式会社グローバル不動産販売 京都店のブログ記事一覧 > 戸建ての分譲住宅を購入する際のメリットとデメリット!ポイントを解説

戸建ての分譲住宅を購入する際のメリットとデメリット!ポイントを解説

≪ 前へ|高齢者がローンを組んでリフォームする場合の物件売却の難易度とは   記事一覧   老後の住み替えはいつからすべき?資金計画や住み替え先を解説|次へ ≫

戸建ての分譲住宅を購入する際のメリットとデメリット!ポイントを解説

戸建ての購入を検討するなかで、分譲住宅を候補にする方も多いでしょう。
今回は、分譲住宅を購入する際のメリット・デメリット、気を付けるべきポイントについてお伝えしていきます。
分譲住宅が、ご自身の理想の住まいに合っているかをご検討ください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

戸建ての分譲住宅を購入するメリットとは?

戸建ての分譲住宅を購入するメリットとは?

まずは「分譲住宅」とは、どのような住宅であるかをご説明します。
分譲住宅とは、まとまった土地を不動産会社が購入して、分割した土地に建てて販売される家を言います。
分譲住宅とほとんど同じ意味を持つのが「建売住宅」です。
「建売住宅」も土地と建築住みの家がセットになっている住宅を意味します。
ただし厳密に区別すると、分譲地に建てられている住宅を「分譲住宅」、それ以外のものを「建売住宅」と呼んでいます。
それでは、戸建ての分譲住宅を購入するメリットについて解説します。

メリット①実際の戸建てを見て購入できる

建物が完成しているので、実際に物件に入って間取りや内装、細かい寸法など確認できます。
注文住宅や自由設計住宅では建物が出来上がる前に契約するので、イメージしていたものと完成した家にギャップを感じる可能性があります。
その点、分譲住宅は建物の外観のデザインから家具の配置、コンセントの位置まで細かくチェックでき、入居後の生活をイメージしやすいメリットがあります。

メリット②リーズナブルな価格

分譲住宅は、不動産会社が土地をまとめて購入しているため、土地の価格は比較的安価で売買されています。
同様に住宅建材や設備も大量に仕入れているので、高品質なものが安く手に入る仕組みが成り立っています。
さまざまな材料を一括で購入することは、物自体の価格が安くなることに加え、手間や時間を削減し人件費などの経費も最小限で済みます。
このような背景により、分譲住宅は良品質な住宅をリーズナブルな価格で購入できます。
また注文住宅は仕様などを自由に選択できるので最終的に予算オーバーになることがあります。
しかし分譲住宅の場合は建物の仕様が決まっているので、価格が変動することは少なく、資金計画が立てやすいでしょう。
その他、リーズナブルで提供できる理由は、打ち合わせ回数が少ないため人件費がかからないことや、土地と建築会社が同一なので仲介手数料がかからないなどが挙げられます。
安さの理由は品質が低いのではなく、余分にかかるコストを削減していることが要因なので安心です。

メリット③入居までスピーディ

分譲住宅の戸建ては、購入契約してから入居までが1か月前後と、スピーディな点が良いところに挙げられます。
住宅ローンの手続きなどの事務作業がスムーズに済めば、購入後すぐにでも新生活を始められます。
また土地と建物がセットなので、手続きがシンプルなのも利点のひとつです。
新たな場所での進学や転勤を入居後に控えていてお急ぎの場合などは、計画が進めやすくおすすめです。
家具や生活雑貨を一緒に販売している場合もあるので、すぐにでも入居したい方には利点でしょう。

戸建ての分譲住宅を購入するデメリットとは?

戸建ての分譲住宅を購入するデメリットとは?

次に、戸建ての分譲住宅を購入するデメリットについてお伝えします。
多くのメリットがあり魅力的な分譲住宅ですが、デメリットについても理解し、購入後に後悔しないようにしましょう。

デメリット①仕様や間取りを選べない

分譲住宅は、間取り・外観デザイン・仕様・設備などを選ぶことができないので、オリジナルのデザインを求める方にとっては大きなデメリットです。
分譲住宅は大衆に好まれる間取りやデザインが採用されるので、明確な理想の家のイメージがある方は物足りなさを感じるかもしれません。
加えて2世帯住宅など間取りにこだわりがある方は、家探しが難航するかもしれません。
基本的に分譲住宅は建築前や建築途中であっても、建物の間取りや仕様の変更が難しいことを頭に入れておきましょう。
学区や住宅周辺の環境などの他の条件を加味しながら、理想の戸建てを見つけることは労力が要ります。

デメリット②建築過程が確認できない

分譲住宅は建設後に購入することが多く、土地の状態や建築過程を確認することができません。
軟弱な地盤を改良したのであればどのような補強が施されたかなど、気になる方は不動産会社に確認しましょう。
安心して新生活をスタートさせるために、信頼できる不動産会社を選ぶことが大切です。

デメリット③不特定多数の方が出入りしている

建売住宅は内見できることがメリットですが、裏を返すと不特定多数の方が家に立ち入っているということになります。
営業の担当者に内見したいことを相談すれば、だいたいの場合は家の中に入ることが可能です。
販売中の分譲住宅の前には価格や間取り図が提示されていることもあり、自分の家の詳細が周りに知られていることに抵抗を感じる方もいるでしょう。
プライバシーや防犯面が気になる方は、デメリットに挙げられる点です。

戸建ての分譲住宅を購入する際のポイントとは?

戸建ての分譲住宅を購入する際のポイントとは?

最後に、戸建ての分譲住宅を購入する際に注意していただきたい、ポイントについて解説します。

ポイント①アフターフォロー

分譲住宅の場合は施行会社が決まっているので、納得する戸建てを見つけたら請け負っている施行会社の、アフターフォローの内容を確認してみましょう。
トラブルや不具合に対するフォローやメンテナンスで、住み心地の良し悪しが変わります。
施行会社とのお付き合いは家の契約をして終わりではなく、住み続ける以上関係は続くので、アフターフォローが充実しているかは大切なポイントです。
マンションと違い戸建ては自主管理なので、施行会社が定期的なメンテナンスをしてくれると安心ですね。

ポイント②周辺環境

戸建ての分譲住宅を購入する際は、建物だけでなく周辺環境についても確認が必須です。
今後ライフスタイルの変化などにより、間取りや内装を変えたい場合はリノベーションで対応できますが、周辺環境については変えることができないので慎重に吟味しましょう。
家の周辺にあるスーパーマーケット、学校、銀行など生活に必要な施設の場所を把握し、徒歩や自転車で実際に行ってみることをおすすめします。
お子さまがいらっしゃるご家庭は、駅や学校までのルートを一緒に歩いてみると良いでしょう。
急な坂道など、地図だけではわからない情報をご自身の目で確かめることができます。
朝と夕方・平日と休日など、時間帯や日を分けておこなうことで、交通量や街灯の明るさなどが確認できます。
「駅まで近いと思ったら、踏切を通過するのに時間がかかり想定外だった」など、暮らし始めてから不便さに気づくことが避けられるでしょう。
満足できる分譲住宅を購入するコツとして、周辺環境をくまなくチェックしておくことが挙げられます。

ポイント③オプション設備

分譲住宅で基本設備として付いている内容はすべて確認し、ご自身で揃えなければいけないものを把握しておきましょう。
網戸やカーテンレールは、見落とす方が多いので注意しましょう。
入居直前でオプション対応が必要になると、スケジュールが崩れてしまうこともあるので、前もってチェックしておくことが大切です。

まとめ

戸建ての分譲住宅を購入する際の、メリット・デメリットをまとめました。
分譲住宅は比較的低価格で質が高いというメリットがある一方で、間取りやデザインを選択できないデメリットがあります。
ご紹介した購入の際のポイントも確認し、理想の家探しをおこなってください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|高齢者がローンを組んでリフォームする場合の物件売却の難易度とは   記事一覧   老後の住み替えはいつからすべき?資金計画や住み替え先を解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

寺岡 康司 最新記事



寺岡 康司

お客様のご要望に合わせて、最適なご提案をいたします!

スタッフ情報を見る

 おすすめ物件


京都市西京区桂清水町の売地

京都市西京区桂清水町の売地の画像

価格
4,280万円
種別
売地
住所
京都府京都市西京区桂清水町13-3
交通
桂駅
徒歩12分

東大阪市加納8丁目の売地

東大阪市加納8丁目の売地の画像

価格
580万円
種別
売地
住所
大阪府東大阪市加納8丁目34-12
交通
住道駅
徒歩10分

野洲市吉川の売地

野洲市吉川の売地の画像

価格
380万円
種別
売地
住所
滋賀県野洲市吉川1332
交通
野洲駅
バス14分 吉川 停歩1分

京都市左京区浄土寺馬場町の売地

京都市左京区浄土寺馬場町の売地の画像

価格
3,280万円
種別
売地
住所
京都府京都市左京区浄土寺馬場町26-5
交通
出町柳駅
バス8分 浄土寺 停歩4分

トップへ戻る