首都圏・関西エリアの不動産売却・購入はセンチュリー21 株式会社グローバル不動産販売 > 株式会社グローバル不動産販売 京都店のブログ記事一覧 > マイホームの購入は何歳までに?平均年齢や貯蓄額をご紹介!

マイホームの購入は何歳までに?平均年齢や貯蓄額をご紹介!

≪ 前へ|リフォームをお考えの方必見!住みながらでも工事は可能なの?   記事一覧   不動産購入をするなら建築基準法について学ぼう!|次へ ≫

長い人生の中でも、最も大きな買い物と言えるのがマイホームの購入ですよね。

 

そんなビッグイベントを、「何歳までに決断すればいいのだろう」とお悩みの方も多いはず。

 

そこで今回、マイホームの購入の平均年齢は何歳なのか、その際の貯蓄額はいくらなのかなどをご紹介します。

 

マイホームの購入①:平均年齢は何歳?


マイホームの購入のご相談は不動産スタッフに


初めてマイホームを購入した方の平均年齢は、国土交通省が毎年発表している「住宅市場動向調査報告書」で調べる事ができます。

 

これによると、平成28年度では住宅の種類ごとに初めてマイホームを取得した平均年齢は以下のようになります。

 

・分譲戸建て住宅:36.9

 

・分譲マンション:39.4

 

・中古戸建て住宅:41.1

 

・中古マンション:43.4

 

このように30代後半から40代前半にかけて購入する方が多く、その中でも30代の方が半数近くを占めているんです。

 

マイホームの購入②:貯蓄額は?


マイホームを購入する際は、一般的に金融機関で住宅ローンを組んで資金を用意します。

 

その住宅ローンの頭金となるのは、最低でも物件価格の2割程度と言われており、それに応じた貯蓄額も必要になるんです。

 

30代で住宅を購入する際の平均貯蓄額は600万円から700万円ほどで、3000万円のマイホームを購入する際の頭金にギリギリ足りると言えるでしょう。

 

また30代後半から40代にかけてはもう少し貯蓄額が増えているので、住宅購入の決断をする方が多いんです。

 

マイホームの購入③:早めに購入するメリット


マイホームの購入のご相談は不動産スタッフに


住宅ローンを利用する場合は、金融機関によってローンを完済する最終年齢が決まっており、最長でも35年に設定されている事が一般的です。

 

そのため購入年齢が遅れると住宅ローンを組む事が難しくなる恐れがあり、毎月の返済額も増えてしまいます。

 

30代は結婚や出産などで家族が増える事も多く、人生プランや収入が安定してきている時期なので、まさにマイホームの購入の適齢期と言えるでしょう。

 

自己資金がある程度用意できる方は一概に何歳が適齢期とは言えませんが、住宅ローンの面で考えると早めに決断する事をおすすめします。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

購入する事は大きな決断が必要となりますが、貯蓄や年齢を考えて最適な時期に購入したいですね。

 

頭金や住宅ローンの返済プランも検討しながら、理想のマイホームをゲットしましょう。

 

私共センチュリー21グローバル不動産販売では、マイホームの購入をお手伝い致します。

 

予算に合わせたマイホームプランをご提案致しますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

≪ 前へ|リフォームをお考えの方必見!住みながらでも工事は可能なの?   記事一覧   不動産購入をするなら建築基準法について学ぼう!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


東大阪市加納8丁目の売地

東大阪市加納8丁目の売地の画像

価格
580万円
種別
売地
住所
大阪府東大阪市加納8丁目34-12
交通
住道駅
徒歩10分

野洲市吉川の売地

野洲市吉川の売地の画像

価格
380万円
種別
売地
住所
滋賀県野洲市吉川1332
交通
野洲駅
バス14分 吉川 停歩1分

東大阪市横小路町1丁目の中古一戸建

東大阪市横小路町1丁目の中古一戸建の画像

価格
680万円
種別
中古一戸建
住所
大阪府東大阪市横小路町1丁目4-2
交通
瓢箪山駅
徒歩25分

京都市左京区浄土寺馬場町の売地

京都市左京区浄土寺馬場町の売地の画像

価格
3,280万円
種別
売地
住所
京都府京都市左京区浄土寺馬場町26-5
交通
出町柳駅
バス8分 浄土寺 停歩4分

トップへ戻る