首都圏・関西エリアの不動産売却・購入はセンチュリー21 株式会社グローバル不動産販売 > 株式会社グローバル不動産販売 京都店のブログ記事一覧 > 市街化調整区域にある土地を買って古家を建て替えることはできる?

市街化調整区域にある土地を買って古家を建て替えることはできる?

≪ 前へ|住宅リフォームをサポート!長期優良住宅と補助金制度の活用方法とは?   記事一覧   一戸建ての購入~スマートハウスへお引越し~|次へ ≫

郊外に行くと、田んぼや畑が広がる土地を見かけることがあります。

 

こうした土地は家も数軒しかなく、都心と比べるとのどかな地域という印象を受けることがあるでしょう。

 

そんな土地の大半は、「市街化調整区域」にある土地の可能性があります。

 

今回は、市街化調整区域とは何か、気に入った土地がここにある場合の注意点などをご紹介します。


土地購入前に要チェック!市街化調整区域とは?


市街化調整区域の土地


市街化調整区域とは、その土地の乱開発を未然に防ぐことを目的としたもので、原則として行政からの許可なく建物を建てることができません。

 

大体は田んぼや畑などの農地に多く見られます。

 

もしその土地を活用(建物を建てるなど)できないかと考えた場合、役所へ申請をして協議をする必要があります。


市街化調整区域にある土地の建物は建て替えられる?


市街化調整区域で取り壊し中の家


市街化調整区域の土地を購入する場合、時々古い家が建ったままの物件があります。

 

この場合、古い家を取り壊して建て替えたいと思うかもしれませんが、一つ注意しなくてはいけないことがあります。

 

それは、希望する土地が再建築不可な場所かどうかを確認することです。

 

再建築不可とは、現在の建築基準法が定められる以前の規定に沿って建てられた建物を取り壊すと、再び建てることができないという決まりです。

 

これは、主にその建物が道路にどういった形で接しているか、「接道」が重要になります。


再建築不可となる例は、以下のものがあります。

 

・接道の基準を満たしていない

 

土地を購入する場合、物件に面する道路の幅が4m以上あることと、物件の間口が2m以上あることが条件となります。

 

しかし、この基準を満たしていないと再び建築することは認められません。

 

・セットバックできない

 

市街化調整区域にある土地の中には、接道の幅が4m未満の場合があります。

 

その場合は、道路の中心線から2m分の幅を確保できるよう建物を後退させられれば良いですが、後退できなければ再建築が認められません。

 

なお、この方法で再建築することをセットバックと言い、不動産の広告などでは「SB」と表示されます。


まとめ


市街化調整地域の土地を購入して建て替える場合は、様々な制限がかかっていることが多いため、慎重に確認する必要があります。

 

市街化調整区域の土地の購入を希望する方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

センチュリー21グローバル不動産販売では、不動産の建てえに関するご相談を承っております。

 

京都・大阪で不動産の買い替え・売却でお悩みの方は、是非お気軽にお問い合わください。
≪ 前へ|住宅リフォームをサポート!長期優良住宅と補助金制度の活用方法とは?   記事一覧   一戸建ての購入~スマートハウスへお引越し~|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


大阪市阿倍野区相生通2丁目の売地

大阪市阿倍野区相生通2丁目の売地の画像

価格
1,280万円
種別
売地
住所
大阪府大阪市阿倍野区相生通2丁目6-17
交通
聖天坂駅
徒歩7分

野洲市吉川の売地

野洲市吉川の売地の画像

価格
380万円
種別
売地
住所
滋賀県野洲市吉川1332
交通
野洲駅
バス14分 吉川 停歩1分

東大阪市加納8丁目の売地

東大阪市加納8丁目の売地の画像

価格
580万円
種別
売地
住所
大阪府東大阪市加納8丁目34-12
交通
住道駅
徒歩10分

京都市左京区浄土寺馬場町の売地

京都市左京区浄土寺馬場町の売地の画像

価格
3,280万円
種別
売地
住所
京都府京都市左京区浄土寺馬場町26-5
交通
出町柳駅
バス8分 浄土寺 停歩4分

トップへ戻る