センチュリー21グローバル不動産販売TOP > センチュリー21 株式会社グローバル不動産販売のブログ記事一覧 > 不動産の買い替えの順序

不動産の買い替えの順序

≪ 前へ|不動産を購入すると届く税務署からの『お尋ね』とは?   記事一覧

不動産の買い替えの順序

不動産を買い替えるときには、旧宅を売却してから一旦仮住まいに移ってから新居を買う売り先行型と、新居を購入してから旧宅を売却する買い先行型があります。

 

今回は、売り先行型のメリット・デメリットを確認しましょう。


メリット


不動産の買い替えの順序


売却金額が確定しているため、資金計画が立てやすいことが大きなメリットです。

 

売却してあることで住宅ローンが清算されているので、新しくローンを組むのも比較的容易で、買い替えがしやすいです。

 

一定の期日までに転居を完了させなければいけない事情がある場合を除けば、満足できる価格で売れるまでじっくり待つこともできます。


デメリット

 

売却した不動産の引き渡し日までに新居を決めて入居できればよいのですが、そうでなければ仮住まいが必要になるのが一番の大きな問題です。

 

ごく短期間であればホテルやウィークリーマンションという選択も可能ですが、長くなる場合は賃貸物件を借りる必要が出てきます。

 

役所関係だけではなく、契約や会員登録している諸々の住所変更の手続きをしたり、家具類を動かしたりするのは大きな手間ですが、仮住まいの期間が入るとそれを短期間で2度行うことになるので、非常に煩わしいです。

 

賃貸住宅を利用する場合、短期での入居はあまり歓迎されないので、選択肢が限られます。

 

売却する不動産の引き渡しと新居の購入・入居のタイミングをうまく合わせられるよう、計画的に行動しなければなりません。


売買契約のスケジュール調整


不動産の買い替えの順序


購入・売却を同じ仲介業者に依頼すると、業者が両方の進行具合を把握できるので、タイミングの調整がしやすくなります。

 

タイミングよく買い替え、住み替えをするためには、不動産を売ったお金で旧宅の住宅ローンの残債を一括返済して次の家を買い、売却と購入の決済を同時に行うことが重要で、それには仲介業者の協力が必要不可欠です。


まとめ


売り先行型の不動産の買い替えのメリット・デメリットは買い先行型のそれと裏表となります。


資金繰りの面では売り先行型のほうがリスクが低く、資金に余裕がない方にはこちらがおすすめです。


買い替え・住み替えは思った以上に手間がかかります。


引っ越しや大掃除、売買契約を始めとした各種手続きなど、作業が多いのはもちろん、大きな金額が動く極めて重要な判断を迫られるので、精神的にも負担があります。


信頼のおける仲介業者を見つけ、計画的な行動・準備をし、少しでも負担の少ない、納得の行く住み替えを実現してください。


センチュリー21グローバル不動産では不動産の買い替え・売却に関するご相談を承っております。


不動産の買い替え・売却でお悩みの方は、是非お気軽にお問い合わせください

≪ 前へ|不動産を購入すると届く税務署からの『お尋ね』とは?   記事一覧

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る