センチュリー21グローバル不動産販売TOP > センチュリー21 株式会社グローバル不動産販売のブログ記事一覧 > 不動産買い替えを買い先行で行うメリットとデメリットを解説

不動産買い替えを買い先行で行うメリットとデメリットを解説

≪ 前へ|転職直後でも住宅ローンは組める?   記事一覧   中古物件購入のその前に、知っておくべきポイント3点|次へ ≫

不動産買い替えを買い先行で行うメリットとデメリットを解説

マイホームを購入したとしても他の物件を見つけ、住み替えたくなる、あるいは周辺環境の変化やお子さんの進学、長期的な転勤等何らかの理由でマイホームの買い替えが必要なこともあるでしょう。

 

今回は不動産を買い替える際の方法について、買い先行と呼ばれる方法に関してメリット、デメリットを含めご解説していきます。


不動産買い替えの方法は3種類


不動産買い替え


不動産買い替えの方法は不動産の売買のタイミングに合わせて大きく分けて3種類あります。

 

一番理想的とされているのは、新しい住まいの購入と、持ち家の売買が時間差なく同時に行う「売り買い同時進行型」です。

 

家の引き渡しと入居日をうまく調整できれば単に引っ越しをするだけで、住み替えが完了します。

 

ですが現実にはそううまく物件が売れる、あるいは新居の購入が済むはずもなく、不動産の買い替えは大きく分けて以下にご紹介する二つの流れによって行われるのが一般的です。

 

一つは不動産の住み替えにあたって、新しい住まいを購入する前にすでに保有している物件を先に売りに出す、「売り先行型」です。

 

先に売却して予算を確保してから、新居の購入に臨めるメリットがありますが、場合によっては仮住まいが必要となるデメリットがあります。

 

もう一つは不動産買い替え時に、先に新しい物件を購入してしまう「買い先行型」です。

 

物件をじっくり選べるといったメリットがある反面、二重でローンがかかってしまう可能性があるといったデメリットも持ち合わせています。

 

さて、今回は買い先行で不動産買い替えを行う際のメリット、デメリットを詳しく見ていきましょう。

 

不動産買い替えを買い先行で行うメリット


 

メリットは大きく分けて以下の2つです。

 

・新居を妥協せず選ぶことができる

・仮住まいの必要がない

 

細かく見ていきましょう。

 

まず買い先行で不動産の住み替えを行えば、新居を妥協せず選ぶことができるでしょう。

 

売り先行では、仮住まいを探さなければならず、時間、予算といった問題と戦いながら新居を選ばなくてはなりません。

 

ですが、買い先行であれば先にじっくり新居を選ぶことができるので、無理に妥協をする必要はないのです。

 

次に買い先行であれば、持ち家に住みながら、不動産の買い替えに臨むことができるため、仮住まいを探す必要はありません。

 

ご家族で住む住居となると、仮住まいにかかるお金もばかになりません。

 

物件探しが長引けば仮住まいに住んでいるだけで、百万単位のお金がかかってしまうなんてこともあるでしょう。

 

買い先行であればこうした不安とは無縁です。

 

不動産買い替えを買い先行で行うデメリット


不動産買い替え


さて、ここまで買い先行で不動産買い替えを行うメリットを見てきましたが、もちろんデメリットもあります。

 

デメリットは大きく分けると以下の2つです。

 

・持ち家を無理に売らなくてはならない

・二重ローンになる可能性も

 

詳しく見ていきましょう。

 

まず、複合的な要因ではあるのですが、デメリットの一つが先に新居を決めているため、持ち家を無理にでも売らなくてはならない可能性が出てくるということです。

 

場合によっては早く売らなくてはならないことから、価格が一般的な相場に比べて安くなってしまうという可能性もあります。

 

加えて大きなデメリットが、持ち家がうまく売れないと新居と持ち家の二重ローンになってしまう可能性があるということ。

 

住宅ローンを払い終えてから、新居の購入に臨めばこうした問題は避けることができますが、人生をかけて払うような長期ローンを組んでいる方も少なくありません。

 

買い先行で不動産買い替えを行う場合にはこうしたデメリットも意識しておく必要があるでしょう。

 

こうしたデメリットを解消できる、制度が買い替え特約というもの。

 

簡単にいうと、新居の購入契約を結んでいても、持ち家がうまく売れなければ購入をキャンセルできるというものです。

 

新居の売り手にとってはデメリットが目立つ内容です。

 

断られることもあるので、必ずしも使えるわけではないことを覚えておきましょう。

 

いずれの場合も、タイミングよく住み替えるためのポイントは同じで、「仮住まいや二重ローンを発生させないように、売却と購入をできるだけ同時に行うこと」です。


まとめ


不動産買い替えの中でも買い先行型の方法について詳しくご紹介してきました。

 

買い先行型は、新居を妥協せず選ぶことができる、仮住まいの必要がないというメリットを持つ一方で、持ち家を無理に売らなくてはならない、二重ローンになる可能性があるといった大きなデメリットも持ちます。

 

マイホームの住み替えは費用も時間もかかり容易なことではないです。

 

メリット、デメリットそして買い替え特約のような制度を詳しく理解し、十分なご準備を行ったうえでご検討下さい。

 

私達センチュリー21グローバル不動産販売ではお客様の大切な不動産の売買をお手伝いいたします。

 

専門的な難しいことも親身になってご対応させていただきますので、お気軽にご相談下さい

≪ 前へ|転職直後でも住宅ローンは組める?   記事一覧   中古物件購入のその前に、知っておくべきポイント3点|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る