センチュリー21グローバル不動産販売TOP > センチュリー21 株式会社グローバル不動産販売のブログ記事一覧 > マイホーム購入する方は必見! 大阪市のマイホーム助成のご紹介

マイホーム購入する方は必見! 大阪市のマイホーム助成のご紹介

≪ 前へ|リフォーム前に要チェック!利用できる補助金や減税制度   記事一覧   京都府が推す中古住宅リフォーム|次へ ≫

マイホーム購入する方は必見! 大阪市のマイホーム助成のご紹介

結婚や子供が産まれるなど、家族が増えると、家の買い替えが選択肢に入りますよね。

 

賃貸にするか、マイホームの購入か、大きな悩みでもあります。

 

購入するにしても、どの土地に住むか決めるだけでも、検討が必要です。

 

周辺環境や、職場や学校までのアクセス、日用品の買い物、病院などなど。

 

あれもこれもでは中々決まりませんが、最善は尽くしたいですよね。

 

しかも、人口減の今、住む人を増やそうと、様々な助成を設ける自治体が多くあります。

 

例えば大阪市。

 

新婚世帯と子育て世代のマイホーム購入・買い替えに、助成制度があること、ご存知でしょうか。

 

大阪市新婚・子育て世帯向け分譲住宅購入融資利子補給制度


マイホーム購入


最後の方、難しい漢字が続くので、一瞬なんのことか分からなくなりそうですが、ラスト6文字を読むと、利子補給制度、とあります。

 

住宅ローンの利子を補給する、すなわち、大阪市での新規・買い替え等マイホームの購入には助成があるということです。

 

金額は、年末の償還元金残高(最高2000万円)に対し、年利率0.5%以内で計算します。

 

例えば、年末償還元金残高が1800万円で住宅ローン融資が0.6%の場合の計算方法は、

 

1800万 × 0.5%(0.5%を超えるため) = 9万円

 

となります。

 

つまり、2000万円×0.5%の年間10万円を最高額として、5年間まで貰えます。


利子補給制度が適用される方


助成の対象となるのは、大阪市内に新規や買い替えでマイホームを購入した人のうち、新婚世帯と子育て世帯です。

 

新婚世帯とは、婚姻届を出してから5年以内の世帯のうち、申込者と配偶者ともに40歳未満である世帯を指します。

 

子育て世帯とは、申込者または配偶者に、小学校6年生以下の子どもがいる世帯です。

 

ただし、所得制限があり、前年の所得金額が1200万円以下という上限があります。

 

住宅取得の契約から、1年以内に申し込むことが必要ですので、その点も注意してくださいね。


利子補給制度の対象住宅は?


マイホーム購入


助成の対象となる住宅にも、要件があります。

 

まず、床面積(マンションにおいては専有面積)が50平方メートル以上を求められます。

 

そして、建築基準法で定められている、検査済証の交付を受けている住宅であること。

 

中古住宅の購入でもこの助成を受けることは可能ですが、一定の性能評価や耐震基準をクリアしている必要があります。

 

 

住宅ローンについても、返済期間が10年以上で、融資利率が0.1%以上必要です。

 

さらに、金融機関についても、指定の金融機関を利用する必要があります。

 

 

この利子補給制度を利用しようと考える場合は、必ず大阪市のウェブサイトなどで確認をしてくださいね。


まとめ


なにかと物入りな、新婚・子育て世帯。

 

新婚でマイホームを購入する方も、子育て世代で買い替えを検討している方にも、大阪市の利子補給制度は住宅購入の助けになってくれそうですね。

 

不動産会社やモデルハウスなどで、ぜひ夢のマイホームプラン、作ってみてください。

 

大阪市で、子育てやマイホーム購入など移住をお考えの方は、お気軽にご相談下さい

≪ 前へ|リフォーム前に要チェック!利用できる補助金や減税制度   記事一覧   京都府が推す中古住宅リフォーム|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る