センチュリー21グローバル不動産販売TOP > センチュリー21 株式会社グローバル不動産販売のブログ記事一覧 > リフォーム前に要チェック!利用できる補助金や減税制度

リフォーム前に要チェック!利用できる補助金や減税制度

≪ 前へ|中古住宅の火災報知器の設置義務とは?どうして必要なの?   記事一覧   マイホーム購入する方は必見! 大阪市のマイホーム助成のご紹介|次へ ≫

リフォーム前に要チェック!利用できる補助金や減税制度

リフォームに利用できる優遇制度は意外とたくさんあります。

大きく分けると、「補助金」「減税」で優遇を受けられますが、内容は、時期や自治体によって変化するので、注意が必要です。

リフォームに必要な資金額の幅は広いですが、優遇制度の活用で出費を抑えられることは確かです。

また、行政からの支援策は社会背景に強く影響されています。

現在なら、「耐震」「省エネ」「バリアフリー」「空き家対策」に関するリフォームに対して、優遇制度を受けられると認識しておきましょう。


リフォーム補助金

 

リフォーム関連の補助金は6種類


リフォームで受けられる補助金は、下記の6種類があります。

 

・省エネ改修補助金:断熱リノベなら最大120万円、次世代建材なら最大200万円

・地域型住宅グリーン化事業:認定低炭素住宅または性能向上計画認定住宅なら最大110万円、ゼロ・エネルギー住宅なら最大140万円

・ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)支援事業:70万円+α

・長期優良リフォーム補助金:最大300万円

・エネファーム設置補助/家庭用燃料電池システム導入支援事業:最大12万円+α

・市町村住宅関連補助金制度一覧:補助金額は各自治体・制度によりけり

 

補助には受付期間など時期が限られていますので、それぞれのスケジュール詳細を把握し、申請漏れがないように気を付けましょう。

 

リフォームするなら補助金以外のお得な制度もチェック


リフォームでは、一定条件をクリアすれば、減税制度も受けることができます。

大きく分けると、所得税・固定資産税・贈与税の非課税額の優遇です。

 

まず、所得税は、ローン期間5年以上の借入額に対して、2%の控除を最大25万円まで5年間受けられます。

 

次に、固定資産税は、以下のように税額が軽減されます。

 

・耐震改修:1/2

・バリアフリー改修:1/3

・省エネ改修:1/3

・長期優良住宅化:2/3

 

対象家屋面積も決まっており、軽減期間は工事完了年の翌年度分です。

 

最後は贈与税で、「一定の性能を有する質の高い住宅」に対して優遇を受けられます。

リフォームのために、父母や祖父母(直系尊属)から贈与を受けた資金の一定額までが、非課税となります。

 

リフォームの補助金と減税以外にも注目したいその他優遇制度


補助金・減税以外の優遇制度も3つご紹介します。

 

1つ目は、「介護保険のリフォーム助成」で、最大支給額が18万円です。

2つ目は、「地震保険料の優遇制度」で、保険料が最大30%割引になります。

3つ目は「【フラット35リノベ】の金利優遇制度」で、当初5年間または10年間、年0.5%金利引き下げを、借り入れ金額から優遇されます。

 

詳細や自治体によって金額は変化しますので、まずは何に優遇制度が適用されるのかを確認しておきましょう。


リフォーム

 

まとめ


リフォームにはそれなりにお金がかかるので、それを全て預貯金でまかなうのは大変です。

補助金や減税制度をうまく利用し、お得なリフォームをしましょう。

キーワードは「耐震改修・省エネ改修・バリアフリー改修・空き家対策」です!

 

京都・大阪で住宅リフォームを検討中なら、センチュリー21グローバル不動産までお気軽にお問い合わせください

≪ 前へ|中古住宅の火災報知器の設置義務とは?どうして必要なの?   記事一覧   マイホーム購入する方は必見! 大阪市のマイホーム助成のご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る