センチュリー21グローバル不動産販売TOP > センチュリー21 株式会社グローバル不動産販売のブログ記事一覧 > 今すぐできる方法からリフォームまで!梅雨の湿気と洗濯物の室内干し対策

今すぐできる方法からリフォームまで!梅雨の湿気と洗濯物の室内干し対策

≪ 前へ|戸建選びで見落としがちな駐車場に関する3つの注意点とは?   記事一覧   住宅ローンの金利タイプ その違いと特徴を知ろう|次へ ≫

今すぐできる方法からリフォームまで!梅雨の湿気と洗濯物の室内干し対策

もうすぐ梅雨の季節になりますね。

湿気の増加は、カビやダニの増加と比例しますので、それなりの対策が必要です。

また、洗濯物に頭を抱える方も多いでしょう。

雨で着替えやタオルの使用が増える上に、乾くまでに時間がかかるこの時期。

少しでも梅雨を快適に過ごせるよう、洗濯物の乾かし方と湿気対策を検討してみましょう。


梅雨時の湿気対策① 洗濯物の干し方に注意する


部屋干しで湿気対策


洗濯物の干し方は、乾き方や臭いに大きく左右します。

まずは、湿気からくる悪臭を減らすために、洗濯機が止まったら、少しでも早く衣類を洗濯槽から取り出し、干す作業にとりかかりましょう。

次に、干す衣類の間隔をなるべく大きくしましょう。

そのためにはこまめな洗濯がかかせませんので、なるべく洗濯物を溜め込まないことが大切です。

 

さらに、干す場所でも乾き方に差がでます。

室内干しをする時は、窓際のカーテンレールなどは極力避けて、なるべく風通しの良い場所に干しましょう。

廊下や階段などは意外と穴場で、人が通り空気が循環しやすく、湿気がこもりにくい場所です。

突っ張り棒を取り付けたり、選択ロープを渡したりして試してみましょう。


梅雨時の湿気対策② 乾かす時間を短くする


衣類を早く乾かすことは臭い予防につながります。

臭いの主な原因は、湿気による雑菌の増殖によるものだからです。

そこで、家電製品をうまく使って乾燥時間の短縮をしてみましょう。

エアコンの除湿機能、扇風機、浴室衣類乾燥機などを使用すれば、早く乾くので臭いが気になりにくいです。

特に、扇風機は持ち運びができて使い勝手が良く電気代も安いので、室内干しのアイテムとしておすすめです。

 

また、乾燥機能付き洗濯機をお持ちの方は、ためらわずに使ってみましょう。

洗濯物を乾かすだけでなく、洗濯槽のカビ予防もできてしまいますよ。


梅雨時の湿気対策③ 除湿をしっかりする


梅雨時期は、部屋の湿度対策を十分に行い、カビの増殖を防ぎましょう。

風通しの悪いクローゼットや押し入れなどは、除湿剤を入れたり、扉を開け放したりして、湿気を逃すようにします。

除湿剤は市販品でもいいですが、新聞紙でも代用できます。

部屋の「角」・家具の「下」・室内干しの近くに丸めた新聞紙を置いて、除湿・カビ対策をしましょう。

 

また、浴室は使用後に水分を取り除き、換気扇を回す習慣をつけましょう。

梅雨時期はまだ暑くないかもしれませんが、扇風機を回して部屋の空気を循環させることもおすすめします。


梅雨時の湿気対策④ 室内干しスペースを作る


サンルームで梅雨対策


リビングや浴室で室内干しをするだけでは間に合わない!という方は、思い切ってリフォームで室内干しスペースを作ってみるのもおすすめです。

これは主に一戸建て向けの方法ですが、リビングの掃き出し窓にサンルームを作ることで、雨が降っていても洗濯物を干せるスペースを広げられますよ。

サンルームは通気性・採光性を考慮して作られるので、湿気がこもってしまう心配もありません。


まとめ


梅雨は、ジメジメしておっくうな時期かもしれませんが、アジサイや木々の緑がとても美しい季節でもあります。

上手に湿気対策をして、季節の移ろいを感じる余裕ができればいいですね。

京都・大阪で梅雨の湿気に負けない家をお探しなら、センチュリー21グローバル不動産までお気軽にお問い合わせください

≪ 前へ|戸建選びで見落としがちな駐車場に関する3つの注意点とは?   記事一覧   住宅ローンの金利タイプ その違いと特徴を知ろう|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る