センチュリー21グローバル不動産販売TOP > センチュリー21 株式会社グローバル不動産販売のブログ記事一覧 > 住宅ローンの金利タイプ その違いと特徴を知ろう

住宅ローンの金利タイプ その違いと特徴を知ろう

≪ 前へ|今すぐできる方法からリフォームまで!梅雨の湿気と洗濯物の室内干し対策   記事一覧

住宅ローンの金利タイプ その違いと特徴を知ろう

マイホーム購入に欠かせない住宅ローンですが、やはり気になるのが金利です。

どの金利タイプを選ぶかによって、毎月の返済額は大きく違ってきます。

自分にあう借入れ方法は、借入額や生活状況などによって選択しなければなりません。

住宅ローンには、どのような金利タイプがあるのかを確認し、比較検討してみましょう。


住宅ローンの金利タイプ:変動金利型


住宅ローンを借り入れする銀行


変動金利型は、金融情勢に最も左右されるタイプです。

半年ごとに金利の見直しがあり、利息額の低下と上昇が繰り返されるので、返済計画は少々立てづらいです。

 

また、多くの銀行では「5年ルール」・「125%ルール」と呼ばれる、返済額の急増を防ぐ救済策が設定されていますが、その取り扱いがない金融機関もあります。

利息の大幅上昇によっては、未払い利息が発生する可能性があり、生活に大きな影響を及ぼすかもしれません。

 

借入金が少なく、住宅ローンの繰り上げ返済が可能な方には、変動型はおすすめでしょう。

金融動向のチェックを細やかにできるかどうかも重要です。


住宅ローンの金利タイプ:固定金利期間選択型


こちらは、一定期間のみ金利が固定されるタイプです。

固定期間は銀行によりさまざまですが、期間が短いほど当初は低利息となります。

固定期間が終わると、その時点での利息で、借入れ方を改めて選択し直す必要があります。

また、変動タイプのように、変動幅や返済額の上限が設定されていないことも注意しなくてはいけません。

 

固定期間終了後は、金融情勢の変化と同じく返済額が変動する可能性がありますので、返済計画は立てにくいです。


住宅ローンの金利タイプ:全期間固定金利型


住宅ローンの金利変動


借入した当初から金利の変動がなく返済し続ける方法で、金利は高めになります。

他の借入れ方と異なる大きな点は、返済計画がしっかり行える安定感でしょう。

また、金融情勢に左右されませんので、家計管理がしやすく、ライフプランに頭を悩ませにくいです。

 

全期間固定型のタイプとしてご存知の方が多いのは、「フラット35」ではないでしょうか?

最近では、団体信用生命保険料が返済額に組み込まれるようになったので、他金融機関との比較がしやすくなっています。

 

ただ、利息に大きな差はないようですが、融資手数料の差は意外と大きく、1%以上の開きがある場合も。

住宅ローン返済額に大きな違いが出てきますので、借り入れ機関の比較も怠らないようにしましょう。


まとめ


金利は総返済額や期間を左右する重要なポイントです。

住宅ローンを借り入れする際は、専門家に話を聞くなどし、入念なシミュレーションを行いましょう。

そのうえで、どの金利タイプが自分に合うのかじっくり検討し、金融機関を選択することをおすすめします。

 

京都・大阪で不動産購入の住宅ローン金利についてご相談されたい方は、センチュリー21グローバル不動産までぜひお問い合わせください

≪ 前へ|今すぐできる方法からリフォームまで!梅雨の湿気と洗濯物の室内干し対策   記事一覧

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る