首都圏・関西エリアの不動産売却・購入はセンチュリー21 株式会社グローバル不動産販売 > 株式会社グローバル不動産販売 京都店のブログ記事一覧 > 古家付き土地を買う前に要チェック!ローンや不動産取得税のこと

古家付き土地を買う前に要チェック!ローンや不動産取得税のこと

≪ 前へ|戸建てを買うなら長期優良住宅がおすすめ!そのメリットとは?   記事一覧   傾斜地に家を建築する際に確認するべき3つのポイントとは|次へ ≫

マイホームを手に入れたいという場合、新築や中古の物件をローンで購入する…ということがよく考えられる手段になります。

そして不動産を購入すると、必ず納めるべき税金が不動産取得税です。

税額は購入した物件によって変わりますが、古家付き土地を購入された場合、その不動産取得税の軽減措置があることを知っている方は少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、古家付き土地を購入した場合の不動産取得税についてご説明したいと思います。


古家付き土地の購入 そもそも不動産所得税とは?


古屋付き土地の購入


不動産取得税は、建物や土地などの不動産を取得した際に発生する税金のことで、都道府県に一度だけ納税します。

基本的には不動産の権利を手にした段階で納めるべき税金なのですが、以下で紹介する条件を満たすことで、軽減措置を受けることができます。

 

1、解体目的で不動産を購入すること

2、購入したあと、実際に使用していないこと

 

3、購入後すぐ(おおむね6ヶ月以内)に解体を行うこと

 

これらの条件の他に、解体を証明する書類や不動産取得税の申告書が必要となります。

それらの手続きを経て許可されると、不動産取得税が0円になったり、かかったとしてもかなり少額になる場合がほとんどです。

なお、手続きは都道府県税事務所で行います。


古家付き土地の購入のためのローンは利用できる?


古屋を解体工事


ローンも問題なく組めるのに、肝心の家を建てるための土地が見つからない…という方は、古家付き土地の購入も選択肢に入れることができます。

一つ注意しなければならないのは、不動産取得税がかからない(または低額で済む)代わりに、解体費用が発生することです。

新しい家を建てるためには、当然古い家を解体しなくてはいけません。

解体する場合、坪単価で35万円ほどかかりますので、広い家ほどその費用がかかります。

ただ、金融機関によっては解体費用もローンの中に組み込むことができるため、古家付き土地を購入しようか検討している方は、その点についても相談してみましょう。


まとめ


以上、古家付き土地に関する不動産取得税の軽減措置やローンの借り入れポイントについて紹介しました。

今後古家付き土地は多くなることが予想されます。

不動産を購入するときは、ローンの借入総額や月々の返済額などに目が行きがちですが、古家付き土地を検討する場合はこうした点もぜひ忘れずに検討しましょう。

 

京都・大阪で古家付き土地の購入を検討している方は、センチュリー21グローバル不動産販売までお気軽にお問い合わせください

≪ 前へ|戸建てを買うなら長期優良住宅がおすすめ!そのメリットとは?   記事一覧   傾斜地に家を建築する際に確認するべき3つのポイントとは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


東大阪市加納8丁目の売地

東大阪市加納8丁目の売地の画像

価格
580万円
種別
売地
住所
大阪府東大阪市加納8丁目34-12
交通
住道駅
徒歩10分

野洲市吉川の売地

野洲市吉川の売地の画像

価格
380万円
種別
売地
住所
滋賀県野洲市吉川1332
交通
野洲駅
バス14分 吉川 停歩1分

京都市左京区浄土寺馬場町の売地

京都市左京区浄土寺馬場町の売地の画像

価格
3,280万円
種別
売地
住所
京都府京都市左京区浄土寺馬場町26-5
交通
出町柳駅
バス8分 浄土寺 停歩4分

東大阪市横小路町1丁目の中古一戸建

東大阪市横小路町1丁目の中古一戸建の画像

価格
680万円
種別
中古一戸建
住所
大阪府東大阪市横小路町1丁目4-2
交通
瓢箪山駅
徒歩25分

トップへ戻る