首都圏・関西エリアの不動産売却・購入はセンチュリー21 株式会社グローバル不動産販売 > 株式会社グローバル不動産販売 京都店のブログ記事一覧 > 不動産売却で注意するべき3つのポイント

不動産売却で注意するべき3つのポイント

≪ 前へ|不動産購入にかかる税金|印紙税と消費税はいくら必要?   記事一覧   知らなきゃ損!不動産売却にかかる税金とその節約法|次へ ≫

これから大阪で不動産売却をお考えの方に、今回は売却にかかる諸費用や物件の権利関係など、事前に確認しておきたい注意点をご紹介します。

はじめに理解しておくことで、売却活動がスムーズに運ぶでしょう。


不動産 売却 注意点

 

1・諸費用はいくらかかる?


不動産の売却に関しては様々な費用が必要となり、物件販売価格がそのまま手元に残るということはありません。

必要な費用は以下になります。


・抵当権抹消費用

住宅ローンの残債がある場合、抵当権が設定されているため抹消登記に登録免許税が必要になります。

また、その手続きを司法書士に依頼する場合は、別に報酬を支払う必要があります。

・不動産売買契約書の印紙税

・仲介手数料

仲介を依頼した不動産会社へ媒介契約に基づいて支払います。

・測量費用

土地を実測して引き渡すことが契約条件になっていれば、測量費用がかかります。

・譲渡所得税

売却により利益が出ると、所得税と住民税がかかります。

・その他

家を解体して更地にして販売するなら解体撤去費用が、ほかにも引っ越し費用や不用品の処分費用、老朽化した物件の場合はリフォーム費用なども発生します。

 

上記の諸費用は物件や販売方法によって異なりますので、仲介を依頼する不動産会社に相談して、事前に把握しておくようにしましょう。

 

2.権利はどうなっている?


売却する不動産について、所有権や区分所有権の有無、借地権の有無などを確認しておく必要があります。

それらは法務局の登記記録を調べることで確認できます。

所有権が共有名義の場合、共有者全員の合意がなければ売却できませんし、土地に借地権がついている場合は売却にあたって地主の承諾が必要です。

不動産の権利が整理できていない場合、売却の手続きに影響がでるため事前に確認しておくことが必要です。

また、売りたい土地の境界線があいまいになっている場合、明確にしなければなりません。

土地に境界標がない場合、実測を行ったうえで隣地所有者と境界確認書を交わすといった手続きが必要です。

  

3.瑕疵・老朽化への対処は?


物件の雨漏りや設備の故障といった瑕疵があった場合、放置しておくと価格を下げられたり、買い手がつかないといったリスクがあります。

売る際は、瑕疵の内容を明確にしたうえで販売する、修繕してから販売するといった方法があります。

老朽化した物件に関しても瑕疵と同様ですが、買い手が自分で好みにリフォームしたい、設備を入れたいといった場合もありますので、買い手の意向を確認してからリフォームするかどうかの判断をすることが必要でしょう。


不動産 売却 注意点 

 

おわりに


大阪での不動産売却の前に、確認しておきたい注意点についてご紹介しました。

大阪の住まいや土地をお取り扱いしているセンチュリー21グローバル不動産販売では、不動産売買の流れや注意点、手続き内容を分かりやすくご説明しております。

ご不明点がございましたら、お気軽に担当者までお問い合わせください。 

≪ 前へ|不動産購入にかかる税金|印紙税と消費税はいくら必要?   記事一覧   知らなきゃ損!不動産売却にかかる税金とその節約法|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


東大阪市加納8丁目の売地

東大阪市加納8丁目の売地の画像

価格
580万円
種別
売地
住所
大阪府東大阪市加納8丁目34-12
交通
住道駅
徒歩10分

野洲市吉川の売地

野洲市吉川の売地の画像

価格
380万円
種別
売地
住所
滋賀県野洲市吉川1332
交通
野洲駅
バス14分 吉川 停歩1分

東大阪市横小路町1丁目の中古一戸建

東大阪市横小路町1丁目の中古一戸建の画像

価格
680万円
種別
中古一戸建
住所
大阪府東大阪市横小路町1丁目4-2
交通
瓢箪山駅
徒歩25分

京都市左京区浄土寺馬場町の売地

京都市左京区浄土寺馬場町の売地の画像

価格
3,280万円
種別
売地
住所
京都府京都市左京区浄土寺馬場町26-5
交通
出町柳駅
バス8分 浄土寺 停歩4分

トップへ戻る