首都圏・関西エリアの不動産売却・購入はセンチュリー21 株式会社グローバル不動産販売 > 株式会社グローバル不動産販売 京都店のブログ記事一覧 > 中古住宅売却前に、知っておこう「瑕疵担保責任」

中古住宅売却前に、知っておこう「瑕疵担保責任」

≪ 前へ|自宅が競売に!そうなる前の回避方法   記事一覧   住宅の資産価値を見極める方法とは?|次へ ≫

京都・大阪で不動産売却をお考えなら、センチュリー21グローバル不動産販売がお手伝い致します。

京都・大阪の中古物件売却を行う前に、知っておきたいのが「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」です。

新築住宅を不動産業者が販売する時、瑕疵担保責任は引渡しから10年と決まっています。

一方で個人対個人の売買の場合、瑕疵担保責任の有無はつけてもつけなくても自由です。

しかし、不動産取引は一般の売買よりも金額が大きい取引になる為、大きなトラブルに発展する事も。

トラブルを回避する上でも、物件売却の際には瑕疵担保責任について知っておきましょう。


中古住宅 瑕疵担保責任

 

瑕疵担保責任とは


瑕疵担保責任とは、住宅の売買契約で売買物件に対して売主が買主に責任を負うことを言います。

一般的に商品を購入した場合、商品にキズや故障等の欠陥があれば商品を交換してもらうか、返金してもらいますね。

不動産の場合でも、瑕疵担保責任により欠陥があればその損害を賠償してもらうか、契約を解除して売買代金を返還するというものです。

例えば、購入した物件に雨漏りや白アリ被害、水道管からの水漏れがあったりなどの「隠れた瑕疵」が見つかった場合、買主が売主に対して責任を追及することができます。

 

隠れた瑕疵とは


物件購入側が売主に対して瑕疵担保責任を追及する為には、「隠れた欠陥」であることが必要とされています。

売買契約時に購入者が欠陥の存在を知らなかったことが前提です。

購入者が欠陥を知りながら物件を買ったならば、それは承知の上での売買となり、後で売主に責任を追及するのはおかしい事になります。


瑕疵担保責任が追及される期間は


物件の売買契約書に瑕疵担保責任の条文を記載する場合、その期間に注意が必要です。

一般的な中古住宅の場合には「引き渡し完了の日から3ヶ月以内に請求を受けた物に限り責任を追う」と期間を決めて契約をします。

事前に期間を決めておくことで、3ヶ月以降に請求を受けても責任を負う必要がなくなり、トラブルを避けることができます。

 

古い物件の場合は瑕疵担保免責も


建物がかなり古くてとても責任を負えそうにない場合や、物件購入後は建物を解体して新築住宅を建築するような場合、一切の責任を負わずに売買契約をすることがあります。

これを「瑕疵担保免責(かしたんぽめんせき)」と言います。

たとえ引渡しの後に建物に不具合が見つかっても、それは買主の自己責任ですよ、という意味です。

免責の物件は、その分割安で売却する事が多くなります。


中古住宅 瑕疵担保責任 大阪

 

おわりに

 

中古住宅を売却する前に、知っておきたい瑕疵担保責任についてご紹介しました。

京都・大阪の不動産売却なら、センチュリー21グローバル不動産販売がお手伝い致します。

売却時の瑕疵担保責任の設定についてなど、細かな事でも丁寧にアドバイス致します。

≪ 前へ|自宅が競売に!そうなる前の回避方法   記事一覧   住宅の資産価値を見極める方法とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


東大阪市加納8丁目の売地

東大阪市加納8丁目の売地の画像

価格
580万円
種別
売地
住所
大阪府東大阪市加納8丁目34-12
交通
住道駅
徒歩10分

野洲市吉川の売地

野洲市吉川の売地の画像

価格
380万円
種別
売地
住所
滋賀県野洲市吉川1332
交通
野洲駅
バス14分 吉川 停歩1分

京都市左京区浄土寺馬場町の売地

京都市左京区浄土寺馬場町の売地の画像

価格
3,280万円
種別
売地
住所
京都府京都市左京区浄土寺馬場町26-5
交通
出町柳駅
バス8分 浄土寺 停歩4分

東大阪市横小路町1丁目の中古一戸建

東大阪市横小路町1丁目の中古一戸建の画像

価格
680万円
種別
中古一戸建
住所
大阪府東大阪市横小路町1丁目4-2
交通
瓢箪山駅
徒歩25分

トップへ戻る