首都圏・関西エリアの不動産売却・購入はセンチュリー21 株式会社グローバル不動産販売 > 株式会社グローバル不動産販売 京都店のブログ記事一覧 > 不動産見学におけるポイントについて解説!

不動産見学におけるポイントについて解説!

≪ 前へ|不動産査定の価格算出方法は3つ!   記事一覧   不動産売買契約の3つの解除方法をご紹介!|次へ ≫

不動産見学におけるポイントについて解説!

いざ不動産の購入をしようと考えたとき、何からチェックしていくべきかわからず困ってしまうこともあると思います。
事前に見学のポイントなどを把握しておけば迷うことなく契約できます。
不動産見学におけるポイントを解説していきますので、参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産見学における環境のポイント

不動産見学における環境のポイント

まずは周辺環境におけるポイントを解説していきます。

周辺環境

室内だけでなく、不動産の周辺環境にも目を向けておきましょう。
実際生活をするときには、スーパーマーケットはどれくらいの距離にあるのか、すぐに駆け込める病院はあるかなどが重要なポイントになります。
日常的に使う施設であればできるだけ近いほうがありがたいですし、お子さんがいる場合は急病で病院に行きたくなるときもあるでしょう。
周辺の利便性は生活の質に直結するので、かならず確認しておきましょう。

周辺の住人

マンションなどであれば、隣人や上の住人、戸建てであれば隣家や近所に住んでいる方たちの雰囲気をチェックしておきましょう。
雰囲気の良い方であれば、見学のときに挨拶をしてくれることもあるかもしれません。
逆にあまり雰囲気が良くないときはにらんでくる方がいる可能性もあります。
長いあいだ近くに住む方たちなので、できるだけ仲良くしておきたいところですが、最初から仲良くする気がなさそうな方たちというのも実際います。
住む前にチェックしておきましょう。

交通の便

交通に関しても、見ておいたほうが良いです。
車で移動する方でも新幹線や電車で旅行や出勤をする場合があるでしょう。
そんなときに駅が近いかどうかは重要なポイントになります。
駅の近さは許容できる範囲かどうかも地図や、実際に歩いたりしてみて確認することをおすすめします。

不動産見学における建物のポイント

不動産見学における建物のポイント

次に、建物全体におけるチェックポイントを解説していきます。

ゴミ捨て場

マンションや、戸建てで利用するゴミ捨て場は、その地域に住んでいる方たちの生活ぶりがそのまま出る場所とも言えます。
ゴミが分別されていなかったり、カラスよけがなく、ゴミが散乱していても誰も何もしないという環境はあまり良くないでしょう。
建物の周辺ににおいも出てしまうので、改善される様子がないようであればほかの物件をチェックしておいたほうが良いと思います。

駐車場

戸建ての庭の駐車場や、マンションの共用駐車場もチェックしておきましょう。
庭の広さは十分にあるか、車が余裕をもって出し入れできるか、マンションの駐車場の場合は、ゴミが落ちていないかや、駐車場が勝手に使用されていないかなどがチェックポイントになります。
場合によっては、物件の庭に勝手に侵入して、ゴミを捨てていく人がいるかもしれません。
その地域の治安にも関わってきますので、駐車場の状況もしっかりと確認しておきましょう。

建物の外観

建物の外装ははがれていないか、また汚れていないか。
観葉植物が手入れされているかなどは大切なチェックポイントです。
購入前にあまり手入れされていないと、自身も購入する気が失せてしまうと思います。

建物の構造

構造などもチェックしておくと、今後のことが決めやすくなります。
たとえば、物件は木造か鉄筋コンクリート造かや、リノベーションができる物件かどうかなどです。
これから先何十年も住むことになると、建物の老朽化も気にしなければならなくなりますが、構造によって修繕やリノベーションのタイミングも変わってきます。
内見前の資料では構造までは記載されていないことがほとんどなので、柱があるかどうかや、見た目から木造か鉄筋かなどを確認していきましょう。

防犯性が高いかどうか

敷地のなかに人が隠れやすい場所や、死角になりやすい角はないか、よじ登れたりできそうな場所はないかなどを確認しましょう。
泥棒や不審者はあらゆる手段で家のなかに侵入しようとします。
また、人目を気にするので隠れやすい場所があるとターゲットにされやすくなります。
人が隠れられそうな場所がある物件には注意しておいたほうが良いでしょう。
また、もしもそのような場所があったとしても、対策がきちんとできそうかどうかも検討材料としましょう。

不動産見学における室内のポイント

不動産見学における室内のポイント

最後に、室内のチェックポイントについて解説していきます。

日当たりや風通し

日当たりや風通しは、室内でよく確認を怠ってしまいがちです。
というのも、日当たりは日中、太陽が出ている時間帯に見学しなければ実際の様子はわかりませんし、風通しはすべての窓を開けてみないと意外とわからないからです。
ほかのポイントを確認していて、その二点は説明を受けただけになってしまうことも多いので、日中、晴れの日に見学をおこない、窓はすべて全開にして、どれくらい風がとおるかをチェックしておきましょう。

生活動線

どこにどんな家具を設置するかは確認することが多いですが、実際に使ってみたときどうなりそうかをイメージするのは意外と難しいです。
どこで着替えて、キッチンはどのように使うかなど、実際にそこで生活をしているつもりでイメージしてみると、何か不便な点はないかなどがわかるようになります。
室内のチェックをするときは、生活をしているときの動線を確認しましょう。
また、一人だけでなく、複数人で生活をする場合は二人でとおろうとしたら狭くなってしまう場所がないかなども見ておくと良いです。

設備

水回りや照明器具、エアコンなどはどのようになっているかも重要です。
しっかり動くかはもちろん、動かしたときに妙な音がしないか、照明の高さはちょうど良いかなどはかならずチェックしましょう。
水回りも意外と簡単に確認をして終わりにしてしまいがちです。
ステンレスにくもりはないかや、カビなどが生えていないかもしっかり確認しておきましょう。
意外と蛇口の裏を見る方は少ないので、蛇口の裏側も見ておくと良いと思います。

ドアや窓

全体的にチェックしたら、部屋のなかの動く部分にも注目しておきましょう。
ドアや窓など、動く部分は必ず動かしておくと良いです。
どこか建付けの悪いところがないかや、閉めるのに力が必要なものなど、生活が不便になりそうなところがあったら担当者に伝えておくと修繕してくれる可能性もあります。
また、窓に関しては汚れがついていないか、窓の外にベランダがある場合はベランダの様子はどうかも見ておきましょう。
外に面している部分なので、雨風にさらされ、汚れが増えている箇所になります。
あまりに汚れているようであればこちらも担当者に伝えておきましょう。

住民の生活音

部屋の設備ばかりに意識を向けていると、外部の影響について忘れてしまうこともあります。
戸建てであっても、隣家の方が爆音で音楽を聞いているなどで騒音問題に発展することがありますので、近隣住民の生活音も聞いておきましょう。
時間帯によって住民が帰ってきているかどうかが異なるので、夕方ごろに見学できるのであれば希望しておくと良いと思います。
また、車の走行音や雑踏音なども気にならないか確認しておくと良いです。

まとめ

不動産の見学ポイントは今回ご紹介したものだけでなく、ほかにも数多くあります。
すべてを確認しておくのが難しい場合は、とくに気になるポイントや確認しておきたいものだけをピックアップし、メモをしてから見学に行くと良いでしょう。
今後の快適な生活のためにも不安要素はなくしていきましょう。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|不動産査定の価格算出方法は3つ!   記事一覧   不動産売買契約の3つの解除方法をご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

寺岡 康司 最新記事



寺岡 康司

お客様のご要望に合わせて、最適なご提案をいたします!

スタッフ情報を見る

 おすすめ物件


大阪市阿倍野区相生通2丁目の売地

大阪市阿倍野区相生通2丁目の売地の画像

価格
1,180万円
種別
売地
住所
大阪府大阪市阿倍野区相生通2丁目6-17
交通
聖天坂駅
徒歩7分

東大阪市横小路町1丁目の中古一戸建

東大阪市横小路町1丁目の中古一戸建の画像

価格
480万円
種別
中古一戸建
住所
大阪府東大阪市横小路町1丁目4-2
交通
瓢箪山駅
徒歩25分

京都市山科区安朱中溝町の中古一戸建

京都市山科区安朱中溝町の中古一戸建の画像

価格
980万円
種別
中古一戸建
住所
京都府京都市山科区安朱中溝町49-6
交通
山科駅
徒歩8分

堺市西区浜寺石津町東3丁の中古一戸建

堺市西区浜寺石津町東3丁の中古一戸建の画像

価格
3,280万円
種別
中古一戸建
住所
大阪府堺市西区浜寺石津町東3丁11-13
交通
石津川駅
徒歩13分

トップへ戻る