首都圏・関西エリアの不動産売却・購入はセンチュリー21 株式会社グローバル不動産販売 > 株式会社グローバル不動産販売 京都店のブログ記事一覧 > リースバックによるマイホーム売却はメリット大?そもそもリースバックとは?

リースバックによるマイホーム売却はメリット大?そもそもリースバックとは?

≪ 前へ|草屋根はエコでメリットいっぱい!メンテナンスから助成金まで徹底解説   記事一覧   家を現金一括で購入するメリットと注意点!引き渡しまでの流れは?|次へ ≫

リースバックによるマイホーム売却はメリット大?そもそもリースバックとは?

マイホームを手放すとき、通常売却以外に選択肢の1つであるリースバック。
リースバックは、主に住宅ローンの返済が難しくなったり老後のための預金額に不安があったりする場合に検討される売却方法と思われがちですが、実際のところはどうなのでしょうか?
今回はそんな疑問を解決するべくリースバックについての特集です!
リースバックによる売却はどのような仕組みや流れでおこなうのか、またどんなメリットやデメリットがあるのか、すぐに売却したい方もそうでない方も、マイホームを持つすべての方に役立つ情報をわかりやすくご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

マイホーム売却の方法として知っておきたい!リースバックの仕組みとは?

マイホーム売却の方法として知っておきたい!リースバックの仕組みとは?

リースバックとはマイホームを手放した後、買取業者と賃貸借契約を結ぶことで、そのままもとの家で暮らし続けることができる売却方法です。
この方法が広まった理由としては、住宅ローンの返済に不安を感じる状況になったり、老後の蓄えを捻出したいと考える人が増えたりしたことがあげられます。
それだけでなく、最近では「マイホームを相続する子や孫がいない」という方や、逆に「不動産相続のもめ事を避けたい」と思う高齢者の方々からの注目度も高まっているようです。
リースバックは今までどおりの暮らしを継続しながら、マイホームを資産として売却できる方法ということなのですね。
一般的に申し込みから1か月以内で売却完了できるリースバックなら、引越しする手間や費用をかけることなく、すぐにマイホームを現金化することができます。
ただしリースバックによる買取価格より住宅ローン残債が多い、いわゆるオーバーローンの状態やリースバックで発生するリース料が支払えない経済状況とみなされた場合など、リースバックの審査に通らないこともあるので覚えておくとよいでしょう。

リースバックを利用してマイホームを売却する仕組みと流れ

ここではリースバックの仕組みと大まかな流れを以下にまとめてみたので、検討材料としてぜひ確認してみてください。

仕組みと流れ①リースバックの請負業者にマイホームを売却
マイホームを買い取ってくれる業者に相談後、物件査定を受けます。
提示された買取価格に合意できれば売買契約の締結へ進み、売却後のマイホームの所有権は買取業者に移転することとなります。

仕組みと流れ②売却した家を借りて今まで同様の暮らしを継続
マイホームを手放した後、その家の持ち主であり貸主となる買取業者と「定期借家契約」を結びます。
期間としては、通常の賃貸借契約と同じように2年程度の契約期間が一般的ですが、場合によって更新または再契約することでその都度、居住期間を延長することも可能です。

仕組みと流れ③売却したマイホームを買い戻す
売却したマイホームを数年後に買い戻したいと考えている場合、リース料を支払いながら買い戻しのための資金を貯め、再度マイホームを所有することもできます。
最初から買い戻しを想定している場合なら、売却するときにあらかじめ「再売買予約権」を認めてくれる買取業者を探してみるのもおすすめです。

リースバックを利用してマイホームを売却するメリットとは?

リースバックを利用してマイホームを売却するメリットとは?

続いてマイホームを手放すときにリースバックを利用するメリットを見てみましょう。
とくにメリットに関しては、通常の売却方法やそのままマイホームを持ち続ける場合と比べて有利と思われるポイントが多いので要注目です。

リースバックのメリットとは?①売却後も住み慣れた我が家に住める

マイホームを手放しても、それまでと同じように暮らし続けられるのはリースバックの大きなメリット。
「長年、家族と暮らした我が家に愛着がある」「引越しする体力がない」といった高齢者の方にも、このメリットは魅力的でしょう。
またそのままの暮らしが継続できるということは「引越しする時間や費用を節約したい」「マイホームの売却をご近所に知られたくない」という方にも有効です。

リースバックのメリットとは?②マイホーム維持のコストやリスクがなくなる

マイホームを所有していれば毎年、固定資産税や都市計画税が課税され、建物の修繕費用や火災保険料の支払いもあります。
また住宅ローンを返済中であれば、金利上昇などのリスクがつきもの。
この点でもリースバックなら、今までどおりの生活を維持しながらマイホーム所有によるコストやリスクがカットできます。

リースバックのメリットとは?③現金化しやすく老後の資金が確保できる

通常の売却方法でマイホームを手放すとなれば、仲介してもらう不動産会社の選定からはじまり、買主探しをしながら内覧対応と、少なくとも数カ月の期間を要します。
一方、リースバックでは専門業者が買い取ることがほとんどなので、売却から現金化までスピーディに進み、すぐに資金的な不安から解放されたり、老後の資金を確保したりできます。

リースバックのメリットとは?④将来マイホームを買い戻すことも可能

前述のとおりリースバックで売却後でも、マイホームをいずれ買い戻せるというのは、愛着のある我が家を手放す売却主としてはうれしいメリットの1つでしょう。

リースバックを利用してマイホームを売却するデメリットとは?

リースバックを利用してマイホームを売却するデメリットとは?

マイホームを売却する選択肢としてさまざまなメリットがあるリースバック。
ただし注意するべきポイントもあるので、しっかり確認しておきましょう。

リースバックのデメリットとは?①売却額が相場に比べ割安になる

リースバックの仕組みを利用してマイホームを手放すときの売却額は、周辺の相場価格を下回ることが多いようです。
買取業者は投資用不動産として利回りを重視するとともにリース期間が終わった後の不動産市場において損失を出さないため、買取価格は一般的に周辺相場の6割から9割くらいが目安となります。

リースバックのデメリットとは?②毎月のリース料が発生

マイホームを手放した後も、そのまま継続してもとの家で暮らすためには毎月リース料が発生します。
リース料は家賃と考えて差し支えありませんが、こちらも周辺の家賃相場に比べて割高になる可能性があります。
一般的には、売却価格の8%から10%くらいがリース料の目安となります。

リースバックのデメリットとは?③買い戻すための価格が売却額より高くなる

売却したマイホームをいずれ買い戻そうと考えている場合、買い戻すための価格は売却したときの価格より1割から3割程度、高くなることも知っておくべきポイントです。
当然、買取業者は営利を目的としているため、買い戻すための価格が売却時より高くなるのは不動産売買による利益を出すために仕方のないことといえます。

リースバックのデメリットとは?④長く住み続けられない可能性がある

一般的にリースバックでは「定期借家契約」を結びますが、契約期間が満了した後、必ず再契約できるとは限りません。
契約期間が想定より短いようなら、再契約が保証される「普通借家契約」が結べる買取業者を選ぶとよいでしょう。

まとめ

今回はマイホームを手放す方法として知っておきたい、リースバックの仕組みやメリット・デメリットをご紹介しました。
リースバックとはマイホームを手放した後も、リース料を支払うことでそのままもとの家に継続して暮らせる売却方法です。
住宅ローン返済が困難になったときはもちろんですが、マイホームの維持・管理が難しくなったり、老後の資金に不安があったり、さらにマイホームを相続する予定のない高齢者の方も注目するべきメリットが多数!
住み慣れたマイホームを手放す際には、リースバックによる売却も検討してみてはいかがでしょうか?

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|草屋根はエコでメリットいっぱい!メンテナンスから助成金まで徹底解説   記事一覧   家を現金一括で購入するメリットと注意点!引き渡しまでの流れは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

寺岡 康司 最新記事



寺岡 康司

お客様のご要望に合わせて、最適なご提案をいたします!

スタッフ情報を見る

 おすすめ物件


大阪市阿倍野区相生通2丁目の売地

大阪市阿倍野区相生通2丁目の売地の画像

価格
1,180万円
種別
売地
住所
大阪府大阪市阿倍野区相生通2丁目6-17
交通
聖天坂駅
徒歩7分

東大阪市横小路町1丁目の中古一戸建

東大阪市横小路町1丁目の中古一戸建の画像

価格
480万円
種別
中古一戸建
住所
大阪府東大阪市横小路町1丁目4-2
交通
瓢箪山駅
徒歩25分

京都市山科区安朱中溝町の中古一戸建

京都市山科区安朱中溝町の中古一戸建の画像

価格
980万円
種別
中古一戸建
住所
京都府京都市山科区安朱中溝町49-6
交通
山科駅
徒歩8分

堺市西区浜寺石津町東3丁の中古一戸建

堺市西区浜寺石津町東3丁の中古一戸建の画像

価格
3,280万円
種別
中古一戸建
住所
大阪府堺市西区浜寺石津町東3丁11-13
交通
石津川駅
徒歩13分

トップへ戻る