センチュリー21グローバル不動産販売TOP > 株式会社グローバル不動産販売 京都店のブログ記事一覧 > 家賃がもったいない!独身のマンションにおけるメリットとデメリットとは!?

家賃がもったいない!独身のマンションにおけるメリットとデメリットとは!?

≪ 前へ|マンション購入の思わぬ落とし穴!? 親から資金贈与を受ける際の注意点とは!?   記事一覧   マンション購入の基本! 知人から購入する場合のリスクとは!?|次へ ≫

一人暮らしで、賃貸住宅の家賃や更新料がもったいないと思ったことはありませんか?

 

このまま家賃を払い続けるなら、マンション購入をしたほうがいいのでは…なんて考えたことがある人も多いのではないでしょうか。

 

今回は、独身の方がマンションを購入する際のメリット・デメリットとその注意点について紹介します。


賃貸マンション

 

独身のマンション購入 メリット


独身の方がマンションを購入するメリットは、資産が残る点です。

 

一生賃貸物件に住み続けるのと比較すると、マンションを購入した場合、住居費の負担が大きく減ります。

 

ローンを完済後なら毎月の管理費・共益費の支払い以外は考えなくていいので、老後の安心感につながります。

 

購入したマンションは、将来的に売却したりや収益物件として利用できたりなど、様々な選択肢があることもメリットの一つと言えるでしょう。

 

独身のマンション購入 デメリット


独身の方がマンションを購入する際に考えられるデメリットは以下の2つです。

 

①将来的に身動きが取りにくくなる

 

賃貸住宅と比較するとマンションを購入した場合、気軽に引っ越すことができなくなります。

 

今住んでいる場所よりいい物件が見つかった、勤務地が変わって通勤時間が延びてしまったなど、将来マンションを買ったことが逆に足かせになるかもしれません。

 

②変化に対応できない

 

独身でマンションの購入を検討する際、1人で住むことを前提にした間取りの物件を選ぶケースが多く見られます。

 

しかし、将来的に結婚を決断したりするなど、生活環境や家族構成に変化があったときは、持っているマンションでは手狭となってしまう可能性もあります。

 

独身のマンション購入 注意点


独身時のマンション選びのポイントを2点紹介します。

 

①将来的に売却しやすい物件を選ぶ

 

独身でマンションを購入する場合、将来の住み替えも視野に入れてマンションを選びましょう。

 

都市部では駅から近く人気の高いエリアであればあるほど、マンションの価格変動のリスクも少ないです。

 

売却するには、基本的に住宅ローンを全額精算しておく必要がありますが、完済することを条件とすれば売却することも可能です。

 

売却した費用で返済を行ったり、新規に借りるローンの金額を上乗せすることもあります。

 

②賃貸として物件を貸す

 

マンション購入の理由は、結婚や子どもの誕生をきっかけにする場合が多く、単身向けマンションは売却しにくい現状です。

 

そのため、安易に手放さずに、購入した部屋を人に貸し出すという選択肢も視野に入れておきましょう。

 

家賃収入があるので、その分をローン返済に充てることも可能です。


マンション購入

 

まとめ


いかがだったでしょうか。

 

家賃がもったいないからマンション購入を決断するか、先送りにするべきかは悩ましい部分ですが、正解はありません。

 

大きな買い物ですので、購入をした後に後悔しないよう、自分が求める点をよく整理して検討していきましょう。

 

センチュリー21グローバル不動産販売では、京都・大阪を中心にマンションの売買を行っております。

 

不動産に関するご相談は、センチュリー21グローバル不動産販売までお問い合わせください。

≪ 前へ|マンション購入の思わぬ落とし穴!? 親から資金贈与を受ける際の注意点とは!?   記事一覧   マンション購入の基本! 知人から購入する場合のリスクとは!?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る