センチュリー21グローバル不動産販売TOP > センチュリー21 株式会社グローバル不動産販売のブログ記事一覧 > リフォーム時に利用できるリフォームローン・住宅ローンとは?選ぶならどっち

リフォーム時に利用できるリフォームローン・住宅ローンとは?選ぶならどっち

≪ 前へ|実はこんなに違う!地域による畳の種類とその特徴   記事一覧   戸建選びで見落としがちな駐車場に関する3つの注意点とは?|次へ ≫

リフォーム時に利用できるリフォームローン・住宅ローンとは?選ぶならどっち

近年手頃な価格で中古住宅を購入し、自分好みにリフォームするという方が若い世代を中心に増えています。

その際、資金面で頼りになるのがローンですね。

自宅をリフォームする際、利用出来るローンには「リフォームローン」と「住宅ローン」があります。

この2つのローンには、どのような違いがあるのでしょうか?

今回は、それぞれの特徴やポイントを見ていきます。


リフォームローンとは


リフォームローンを計算


新規で住宅を購入する時や、リフォームを行う際にも利用可能な「住宅ローン」に対して、「リフォームローン」はリフォーム時の利用に限定されています。

リフォームと言っても数十万円程度の工事から1000万円を超える工事までさまざま。

そのため、不足した自己資金を補う為に「リフォームローン」が設定されています。

住宅ローンとは違い、借入金額や金利、返済年数や担保などの部分で違いがあります。


リフォームローン・住宅ローンそれぞれの違いとは


では、2つのローンの違いを見ていきましょう。


・担保

リフォームローンは自宅を担保とする住宅ローンとは違い、無担保で借り入れできるメリットがあります。


・借入金

リフォームローンで借り入れ可能な金額は、金融機関にもよりますが、多くの場合10万円以上500万円未満と、住宅ローンよりも少額に設定されています。


・金利

ローンを利用する際には気をつけたいポイントが金利です。

リフォームローンの金利は年35%と、1%を切る金利の住宅ローンよりも高めに設定されています。


・返済年数

リフォームローンの返済期間は1015年程度。

住宅ローンが最長で35年返済期間を設けている事を考えると、かなり短くなっています。

ただし、リフォームローンでも担保を設けて借入する場合は、住宅ローン同様に返済期間を長期で設定できる場合もあります。


・手続き

リフォームローンとは担保を必要とせずに利用できるローンです。

そのため、住宅購入時のローンの様に厳しい審査がありません。

手続きに要する期間は、概ね申込みから2週間程度と短期間で契約できるのもメリットです。

抵当権設定などの必要もないため、諸費用の支払いが不要な点も見逃せないポイントでしょう。


リフォームローンのスケジュール


まとめ


リフォーム時に利用する2つのローンの違いをご紹介しました。

リフォーム工事が大規模になり、大きな費用がかかる場合は金利が安い住宅ローンを選ぶ方が、その後の支払いに無理がないでしょう。

リフォームの規模や予算に応じて、利用するローン商品を決定するのが良いですね。

 

センチュリー21グローバル不動産販売では、京都・大阪の古戸建て、マンションを多数ご紹介しています。

中古物件を購入してリフォームし、理想のマイホームを造り上げたいとお考えの方は、弊社スタッフまでご相談ください

設計から施工まで、お客様をしっかりサポート致します。

≪ 前へ|実はこんなに違う!地域による畳の種類とその特徴   記事一覧   戸建選びで見落としがちな駐車場に関する3つの注意点とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る