首都圏・関西エリアの不動産売却・購入はセンチュリー21 株式会社グローバル不動産販売 > 株式会社グローバル不動産販売 京都店のブログ記事一覧 > 不動産売却のメリット・デメリットは表裏一体

不動産売却のメリット・デメリットは表裏一体

≪ 前へ|自宅の買い替えを検討中! 売却が先?購入が先?   記事一覧   空き家の「困った」は巡回管理が解決!|次へ ≫
不動産売却には、多くのお金が動くため、慎重にならざるを得ない部分があります。
売却に関するメリット・デメリットをしっかりと抑えておくことが、大事な判断材料となります。

売却の一番大きなメリットとしては、不動産を保持するリスクから解放されること、です。
また、デメリットは、不動産を保持することで得られていたメリットを放棄してしまう可能性があることです。

マンション


不動産売却のメリット


不動産売却のメリットは様々ですが、その中でも今回は「リスクの回避」についてご紹介したいと思います。
不動産の物件を所有しているということは、何らかの資産を所有しているということと同義です。
しかし、不動産という資産は時期や時の流れの変動を受けやすく、価値が変わってしまいます。

価値が上がればよいのですが、価値がマイナスの方向に変わってしまうことも多いですので、そのリスク管理は大変です。
大きなリスクを抱えながら運用して、結果的に損をしてしまうということに繋がるよりも、売却してしまえばそのリスクはなくなります。

例えば以下のようなリスクが挙げられます。
・災害のリスク
火事や地震などの災害によって所有している不動産が大きなダメージを受けた場合、その物件の価値は著しく下がってしまいます。
しかし、このリスクは保険などによってカバーできるものです。

・物件の価格変動のリスク
景気や市況の変動に伴う物件価格の下落のリスクがあります。
こちらは保険などではカバーできないところですので、不動産を所有している以上は常にそのリスクと隣り合わせであると言えます。

以上のように不動産の運用は簡単ではありませんから、売却してしまえば、上記のようなリスクの影響を受けづらい資産=現金へと変換できます。

不動産の売却


不動産売却のデメリット


それでは不動産を売却することによるデメリットはどのようなものがあるでしょうか。
まず挙げられるのは、土地を保有してマンション等の物件を経営する場合、家賃収入などの利益を売ることができますが、それらを売ってしまえば、当然ながらそこからの利益はストップします。
また、売却自体にも、仲介手数料や譲渡税などの諸費用がかかってきますので、売却した際の金額が不動産から得ていた利益に見合わない、という事態も起こり得ます。
メリットのところでも述べましたが、物件の価格は変動するものですから、逆に売却時期によっては損をしてしまうということもあります。

おわりに


不動産の売却に正解不正解はなく、その時々・状況によって売却すべきかどうかは変わってきます。
そしてその見極めをすることは非常に難しいです。
ですので、不動産売却で迷うことがあれば、まずは専門家へご相談することをお勧めいたします。
私たち株式会社グローバル不動産販売では、不動産売却のお手伝いをしておりますので、何かわからない点やご質問等御座いましたら、お気軽にご連絡ください。
≪ 前へ|自宅の買い替えを検討中! 売却が先?購入が先?   記事一覧   空き家の「困った」は巡回管理が解決!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


東大阪市加納8丁目の売地

東大阪市加納8丁目の売地の画像

価格
580万円
種別
売地
住所
大阪府東大阪市加納8丁目34-12
交通
住道駅
徒歩10分

野洲市吉川の売地

野洲市吉川の売地の画像

価格
380万円
種別
売地
住所
滋賀県野洲市吉川1332
交通
野洲駅
バス14分 吉川 停歩1分

京都市左京区浄土寺馬場町の売地

京都市左京区浄土寺馬場町の売地の画像

価格
3,280万円
種別
売地
住所
京都府京都市左京区浄土寺馬場町26-5
交通
出町柳駅
バス8分 浄土寺 停歩4分

東大阪市横小路町1丁目の中古一戸建

東大阪市横小路町1丁目の中古一戸建の画像

価格
680万円
種別
中古一戸建
住所
大阪府東大阪市横小路町1丁目4-2
交通
瓢箪山駅
徒歩25分

トップへ戻る