首都圏・関西エリアの不動産売却・購入はセンチュリー21 株式会社グローバル不動産販売 > 株式会社グローバル不動産販売 京都店のブログ記事一覧 > 一戸建ての庭造りを楽しもう!様々な種類について解説

一戸建ての庭造りを楽しもう!様々な種類について解説

≪ 前へ|不動産購入で頭金はいくら必要?   記事一覧   一戸建てを建てるなら平屋が良い?そのメリットとは?|次へ ≫

一戸建てを購入しようと考えた時、建物の構造や室内環境と同じくらい庭の造りを気にする方は多いのではないでしょうか。

 

広い庭園も勿論良いですが、こじんまりとした造りであってもガーデニングやDIYの工作場として利用する等、様々な楽しみ方ができるモノです。

 

理想の一戸建てを建てる時には、庭もそれに見合った造りにしたいですよね。

 

そこで、今回は色々な庭の種類や特徴を紹介していきます。

 

一戸建ての庭造りを楽しもう!主庭編


一戸建ての庭


リビングやダイニング、応接室といった住居の主要部分に面する部分です。

 

敷地内でも、毎日の中で最もよく目にする部分なので、この場所の景観を整える事は日常生活の中に彩りやリラックス効果をもたらしてくれる大切な場所と言えます。

 

石や灯篭などを設置して和風にしても良いですし、花壇やテラスなどを設置したり、友人を招いてバーベキューを行うなどハレの空間として活用するのも良いでしょう。

 

とは言え、生活空間に面しているため、大きすぎる樹木等を植えてしまうと日当たりが悪くなってしまうので、あまり無計画な植樹には注意してください。


 一戸建ての庭造りを楽しもう!前庭編

 

門から玄関までを指す言葉で、一般的な一戸建てではそれほど広くない場合が普通です。

 

しかし、訪問客が一番最初に目にする所でもあるため、この場所の手入れは家をきれいに見せるための大切な要素となります。

 

敷地内に入ってすぐの場所が荒れていると、やはりみっともないもの。

 

車庫や駐車場などが設置されている場合も多いですが、お家の顔ともいえる場所なので、できるだけこまめな手入れを心がけたい所ですね。


一戸建ての庭造りを楽しもう!中庭編

 

壁などで四方や三方を囲まれた、内側の部分を指す言葉です。

 

通常の一戸建てでは無い御宅も多いですが、有る場合でも一般的には敷地面積が狭い事が多く、また、日当たりや水はけが悪い場合もあり、通常の植物等を植えるには不向きな場所となっています。

 

しかし、これを逆手にとってクスノキやカシノキなどの陰樹を植えたり、観賞用の石をしつらえる等、利用の仕方によっては静謐な空間を演出する事も出来る場所となっています。


一戸建ての庭造りを楽しもう!坪庭編


一戸建ての庭


坪庭も壁等で四方や三方を囲まれたスペースですが、一般的な中庭よりも更にせまいスペースである事が多いです。

 

住宅の内側にあるため、外から見る事は出来ませんが、インテリアや自転車、オブジェなどを設置すればおしゃれな観賞用空間として活用する事ができます。

 

坪庭はマンションなどの集合住宅等にも採用される事が多く、家の中に緑を取り入れる事でリラックス効果等も期待できる物となっています。


まとめ


ここまで庭の種類について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。


邸宅内の坪庭から主庭の利用まで、アイディア次第で様々な種類のものが作れるため、理想のマイホームと同様に庭作りもこれからの生活の大切な空間となりますよ。


センチュリー21グローバル不動産販売では、ファミリーに嬉しい庭付き戸建て物件など物件情報を多数ご紹介しています。


気になる物件が見つかりましたら、お気軽にご相談ください

≪ 前へ|不動産購入で頭金はいくら必要?   記事一覧   一戸建てを建てるなら平屋が良い?そのメリットとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


京都市西京区桂清水町の売地

京都市西京区桂清水町の売地の画像

価格
4,280万円
種別
売地
住所
京都府京都市西京区桂清水町13-3
交通
桂駅
徒歩12分

東大阪市加納8丁目の売地

東大阪市加納8丁目の売地の画像

価格
580万円
種別
売地
住所
大阪府東大阪市加納8丁目34-12
交通
住道駅
徒歩10分

野洲市吉川の売地

野洲市吉川の売地の画像

価格
380万円
種別
売地
住所
滋賀県野洲市吉川1332
交通
野洲駅
バス14分 吉川 停歩1分

京都市左京区浄土寺馬場町の売地

京都市左京区浄土寺馬場町の売地の画像

価格
3,280万円
種別
売地
住所
京都府京都市左京区浄土寺馬場町26-5
交通
出町柳駅
バス8分 浄土寺 停歩4分

トップへ戻る